555円,【第(2)類医薬品】★【佐藤製薬】エアミットサットF,12錠【定形外郵便対応】,tokyopros.com,家族みんなで服用できる乗りもの酔い薬,/imputability314639.html,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 乗り物酔い止め , 指定第二類医薬品 555円,【第(2)類医薬品】★【佐藤製薬】エアミットサットF,12錠【定形外郵便対応】,tokyopros.com,家族みんなで服用できる乗りもの酔い薬,/imputability314639.html,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 乗り物酔い止め , 指定第二類医薬品 家族みんなで服用できる乗りもの酔い薬 第 営業 2 類医薬品 12錠 定形外郵便対応 佐藤製薬 エアミットサットF 555円 家族みんなで服用できる乗りもの酔い薬 【第(2)類医薬品】★【佐藤製薬】エアミットサットF 12錠【定形外郵便対応】 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 乗り物酔い止め 指定第二類医薬品 555円 家族みんなで服用できる乗りもの酔い薬 【第(2)類医薬品】★【佐藤製薬】エアミットサットF 12錠【定形外郵便対応】 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 乗り物酔い止め 指定第二類医薬品 家族みんなで服用できる乗りもの酔い薬 第 営業 2 類医薬品 12錠 定形外郵便対応 佐藤製薬 エアミットサットF

家族みんなで服用できる乗りもの酔い薬 第 営業 2 類医薬品 12錠 返品不可 定形外郵便対応 佐藤製薬 エアミットサットF

家族みんなで服用できる乗りもの酔い薬 【第(2)類医薬品】★【佐藤製薬】エアミットサットF 12錠【定形外郵便対応】

555円

家族みんなで服用できる乗りもの酔い薬 【第(2)類医薬品】★【佐藤製薬】エアミットサットF 12錠【定形外郵便対応】








効能・効果 乗り物酔いによるはきけ・めまい・頭痛の予防及び緩和
用法・用量

・11才以上1回2錠
・5#12316;10才1回1錠を乗り物酔いの予防には
乗車船30分から1時間前にかむか、口中で溶かして服用します。
なお、乗り物酔いの症状が起こった時に追加服用する場合には、
同量を4時間以上の間隔をおいて服用してください。
・1日の服用回数は2回を限度としてください。

成分 
・塩酸メクリジン 50mg
・臭化水素酸スコポラミン 320μg
・アリルイソプロピルアセチル尿素 30mg
・無水カフェイン 40mg
・添加物として、・エリスリトール
・D-マンニトール
・ヒドロキシプロピルセルロース
・黄色5号
・アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)
・無水ケイ酸香料
・l#8722;メントール
使用上の注意
■してはいけないこと
※守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が
起こりやすくなります。
1. 本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください。
・他の乗りもの酔い薬、かぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、
鎮咳去痰薬、胃腸鎮痛鎮痙薬、
抗ヒスタミン剤を含有する内服薬
(鼻炎用内服薬、アレルギー用薬)

2. 服用後、乗りもの又は機械類の運転操作をしないでください。
(眠気や目のかすみ、異常なまぶしさ等の症状があらわれる
ことがあります。)

1. 次の人は服用前に医師又は薬剤師にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(5)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(6)次の症状のある人(排尿困難)
(7)次の診断を受けた人(緑内障、心臓病)

2. 次の場合は、直ちに服用を中止し、
商品添付説明文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください。
・服用後、次の症状があらわれた場合
・関係部位→皮ふ:症状→発疹・発赤、かゆみ
・関係部位→精神神経系:症状→頭痛
・関係部位→その他:症状→顔のほてり、排尿困難、異常なまぶしさ

3. 次の症状があらわれることがありますので、
このような症状の継続又は増強が見られた場合には、
服用を中止し、医師又は薬剤師にご相談ください。
・口のかわき、便秘
保管及び取扱い
上の注意
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,服用しないでください。
剤形 錠剤
販売者・商品情報

商品区分:第(2)類医薬品

内容量・入数:12錠

製造元:佐藤製薬株式会社

※商品画像は「リニューアル」される前の画像や「内容量違い」を使用している事があります。
※ご購入内容に間違いがないかどうか、ご注文後に送られるご注文確認メールの内容を必ずご確認下さい。

広告文責:DSコトブキヤ 072-783-5020
生産国:日本製.
医薬品販売に関する記載事項(必須記載事項)はコチラ

家族みんなで服用できる乗りもの酔い薬 【第(2)類医薬品】★【佐藤製薬】エアミットサットF 12錠【定形外郵便対応】

NLPについて知りたい、学びたい人のためのNLP総合ポータルサイト

NLPを知り、学ぶことで何が得られるのか・・・?

NLPは「脳の取り扱い説明書」と言われ
目標の実現法や問題や悩みの解決に役立てられています。

そして最強のコミュニケーションスキルとして
仕事や家庭などの人間関係の構築や修復にも活用されています。

例えば、、、

  • 自分らしく充実した人生を生きることができる
  • 自分のパターンを変えることで人生を豊かにする
  • 仕事でより高い結果が出せる
  • 人間関係がより良くなる
  • 悩みやコンプレックスを解消することができる

あなたはこの中で、特にどの項目を実現したいですか?
NLPはこれらを実現して行く実践心理学です。

では、そのNLPとはどのようなものなのか、詳しくご紹介していきましょう!

NLP-JAPANラーニング・センターの設立から
現在にいたるまで変わらないポリシーをご紹介。

他では真似できないNLP?JAPANラーニング・センター
だけのこだわりをご紹介します。

NLPを学ぶことで出来ること。人生やビジネスで
活かせることをご紹介するページです。

たくさんあるNLPセミナー、コースの中から
あなたにぴったりのコースをご案内いたします。

日本唯一の総合スクールで業界最大手のNLP-JAPANラーニング・センターが開催している
《公式》NLPプラクティショナーコースをご案内いたします。

NLP-JAPANラーニング・センターが運営するセミナー


現在、NLP-JAPANラーニング・センターでは、東京・名古屋・大阪・福岡で全米NLP協会の認定資格であるプラクティショナー資格セミナー、マスタープラクティショナー資格セミナー、NLPトレーナー資格認定セミナーなど、各種NLP資格取得セミナーを開催しています。


当初、東京開催のNLP心理学セミナーからスタートしたNLP-JAPANラーニング・センターですが、現在では、東京だけではなく、大阪、名古屋、福岡でも、コースを開催するまでになりました。


NLP心理学を総合的に学べる日本で唯一のスクールとして、これからも、東京・名古屋・大阪・福岡の各地でクオリティーの高いセミナーを提供いたします。



なお、セミナーを開催している地域(東京・名古屋・大阪・福岡)ごとの専用ページがございますので、そちらもご参照ください。


■大阪・関西地域 専用ページ
 ⇒ NLPセミナーを大阪で学ぼうとお考えの皆さまへ

■福岡・九州地域 専用ページ
 ⇒ NLPセミナーを福岡で学ぼうとお考えの皆さまへ

※東京・名古屋地域の専用ページは、ただいま製作中です。



また、世界的な言語パターンの権威であるシェリー・ローズ・シャーベイ女史、コア・トランスフォーメーション開発者のタマラ・アンドレアス氏をお招きして、LABプロファイル®、コア・トランスフォーメーションのセミナーの開催とトレーナーの資格認定も行っています。


さらに、新しいセミナー、お金の思い込みを変え、本当の意味での豊かさを知るNLPマネークリニックセミナーの開催など、今後も、みなさまが満足できるクオリティーのNLPセミナーをわたしたちは提供していきます。

NLPとは(NLPの歴史)


NLPは、カリフォルニア大学に所属していたリチャード・バンドラー、ジョン・グリンダーによって、開発されました。開発当時、セラピー、カウセリング手法として用いられることが多かったNLPですが、現在ではビジネスや教育、医療分野でも使われる心理学となりました。


NLPが開発された時に、参考にされたのが3人の天才セラピストです。その天才的セラピストとは、ミルトン・エリクソン、フリッツ・パールズ、バージニア・サティアの3者です。彼ら天才セラピストが、クライントに対して行なっていたコミュニケーション手法を体系化したのが、NLPなのです。



現在では、NLP心理学は、コミュニケーション・目標達成・心理療法の技法として、ビジネス、セラピー、コーチングなどの分野で使われています。ですが、それだけの分野に限らず、様々な分野の人達に使われています。例えば、テニス界ではアンドレ・アガシ氏がNLPトレーナーのコーチングによって、テニス世界ランキング1位を獲得しました。また、巧みなスピーチで大衆を魅了したバラク・オバマ大統領やビル・クリントン大統領も、NLPを活用していました。


セラピー、カウンセリング手法としてスタートしたNLP心理学も、現在ではビジネス、セラピー、コーチング、教育、医療をはじめとして、様々な分野で使われるようになりました。このように、NLPは、様々な使い方が可能な最先端の心理学です。


NLPに関して、詳しくはこちらから
NLPとは? - NLP学び方ガイド(NLPとは)

NLP資格認定コース(NLP講座)とは


NLP資格認定コースとは、仕事やビジネス、人間関係など、人生全般で手にする結果に違いを生み出す「心理学NLP」の考え方やスキルを学んでいきます。同時にNLP資格を取得することができます。

主に下記4つのコースに分かれ、下から順番に段階的に学んでいきます。それぞれのNLP資格認定コースでは、学べる内容に違いがあるため、ご自身の目的に合わせて、どこまで学ぶかを決めるのがベストと言えます。

そして、「NLPプラクティショナー認定コース」「NLPマスタープラクティショナー認定コース」は、車でいえば両輪の関係となり、ここまで受講することで、ベーシックなNLPの学習を完了するようなイメージとなります。


NLPプラクティショナー認定コース NLPマスタープラクティショナー認定コース NLPトレーナーズ・トレーニング



簡単な概要をご紹介すると、下記のようになります。


●NLPマスター・トレーナープログラム
(世界有数のマスタートレーナーとして、トレーナーズ・トレーニングを開催することが可能)

NLPトレーナーズ・トレーニング

(NLPのプロとして、下記2つのNLP資格認定コースの開催が可能)

NLPマスタープラクティショナー認定コース

(マスターレベルの上級スキル、応用スキルを学ぶ、NLPの上級クラス)

NLPプラクティショナー認定コース

(NLPを実践し、結果を出すための基本を学ぶ、NLPの基本クラス)

 


この中で、「NLPプラクティショナー ~ NLPトレーナーズ・トレーニング」までの3段階が、世界各国のNLPスクールに共通するNLP資格認定コースの基本となります。



NLP資格認定コース(NLP講座)について、詳しくはこちらから
3段階のNLP資格コース

日本NLP協会は、NLPの素晴しさを知り、正しい発展を真に願う立場として、
日本にNLPの基準を定める活動を開始しました。

そして、世界の基準として充分に信頼性のある確かな専門家を育成し、
世界へ活動の場を広げていきます。

無料プレゼント

大人気「無料レポート」はこちらから