ナチュラル,法人様限定,木製,/boarishness620060.html,ホワイト,ダークブラウン,tokyopros.com,家具、インテリア , テーブル , カウンター、ハイテーブル,接客,幅1400×奥行590×高さ700mm,セルボ,受付カウンター,10703円,ローカウンター 法人様限定 ローカウンター 木製 受付カウンター 接客 ホワイト ダークブラウン セルボ ナチュラル 幅1400×奥行590×高さ700mm セール特価 ナチュラル,法人様限定,木製,/boarishness620060.html,ホワイト,ダークブラウン,tokyopros.com,家具、インテリア , テーブル , カウンター、ハイテーブル,接客,幅1400×奥行590×高さ700mm,セルボ,受付カウンター,10703円,ローカウンター 法人様限定 ローカウンター 木製 受付カウンター 接客 ホワイト ダークブラウン セルボ ナチュラル 幅1400×奥行590×高さ700mm セール特価 10703円 法人様限定 ローカウンター 木製 受付カウンター 接客 幅1400×奥行590×高さ700mm セルボ ホワイト ナチュラル ダークブラウン 家具、インテリア テーブル カウンター、ハイテーブル 10703円 法人様限定 ローカウンター 木製 受付カウンター 接客 幅1400×奥行590×高さ700mm セルボ ホワイト ナチュラル ダークブラウン 家具、インテリア テーブル カウンター、ハイテーブル

法人様限定 ローカウンター 木製 受付カウンター 接客 価格交渉OK送料無料 ホワイト ダークブラウン セルボ ナチュラル 幅1400×奥行590×高さ700mm セール特価

法人様限定 ローカウンター 木製 受付カウンター 接客 幅1400×奥行590×高さ700mm セルボ ホワイト ナチュラル ダークブラウン

10703円

法人様限定 ローカウンター 木製 受付カウンター 接客 幅1400×奥行590×高さ700mm セルボ ホワイト ナチュラル ダークブラウン

商品番号:CELVO-LOC-W14D59

特徴・おすすめ用途
カウンター 受付カウンター オフィスカウンター オフィス カウンター 事務所 受付用 オフィスカウンターテーブル オフィス家具 カウンター カウンターデスク 受付 事務所用 受付台 店舗 エントランス 待合室 木製 木製カウンター スチール スチールカウンター
幅140cm 奥行59cm 高さ70cm 140 59 70 140×59×70 幅1400mm 奥行590mm 高さ700mm 140 59 70 140×59×70 w1400 w140 d590 d59 h700 h70

商品について
サイズ幅1400×奥行590×高さ700mm
材質天板:メラミン樹脂化粧板、その他:強化紙化粧板・パーティクルボード、アジャスター:ABS樹脂
重量20kg
構造天板:フラッシュハニカム構造、その他:フラッシュ構造
耐荷重(等分布)天板:50kg
梱包数1
梱包サイズ幅1540×奥行720×高さ80mm
梱包重量22kg
必要工具六角レンチ(付属)、プラスドライバー
組み立てお客様組立の商品です。
備考・配線用スリット付き・アジャスター付き・連結用金具付き
配送について
配送費用について法人様配送費無料個人様・沖縄・離島は別途送料。個人宅(法人名または屋号の記載がされていない)へのお届けには別途配送料が発生いたしますので、予めご了承ください。
※大型家具につき返品不可

座る接客に適したローカウンターです。オフィスの雰囲気に合わせて3色からお選びいただけます。

ポイント

便利な配線用スリット付き

モニターやパソコンのコードを通せる便利な配線用スリット付きで、カウンター下に配線を通すことができます。

目線をさえぎるパネル

座ると顔が隠れる高さのパネルを設置可能です。隣の視線を気にすることなく接客をすることができます。※別売りです

イメージ

カラーバリエーション

商品サイズ

シリーズ表バナー











法人様限定 ローカウンター 木製 受付カウンター 接客 幅1400×奥行590×高さ700mm セルボ ホワイト ナチュラル ダークブラウン

お庭のリフォーム まだ、“価格”“デザイン”だけで選びますか?

1000枚を超えるユーザー様の「喜びの声」を読み返して気づいたことは・・・

500枚を超えるユーザー様からの「喜びの声(工事後の感想文)」を読み返して気づいたこと。

それは、価格より、デザインより、はるかに重要なポイントがあったということ。

当店では、新築に伴う外構・エクステリア工事のお客様とほぼ同じくらい、「お庭を作り直したい」というお客様からのご依頼をいただいています。

中には、最初の工事から1年も経っていないお客様もいらっしゃいます。

そんなお庭のリフォームをご希望のお客様からお聞きする最も不満なこと、それは、価格もプランも納得して工事をしたはずなのに、満足なものができなかった、ということです。

エクステリア工事は安い買い物ではありません。何十万円、何百万円という出費を伴う「一大事業」です。

それをたった1年ほどで「どうしてもやり直したい」「納得いかない」と思ってしまうのはなぜでしょう?

プランも数社比較し、見積もりも同じように見比べ、真剣に検討した・・・

それでも納得出来るものにならなかった・・・

どうしてそんなことが起きてしまうのでしょうか?

しかもこれはごく一部のお客様に限ったことではありません。

「満足はしていないけれど、もう作ってしまったから壊してまでやり直したくない(お金がもったいない)」

という潜在的な不満をお持ちの方は、かなりたくさんいらっしゃいます。

というのも、私たちが日々工事をしている現場の周辺で、通りがかりの近所の奥様たちからこんなコメントを本当に毎回のようにいただくからです。

「あぁ、こんなにステキに作ることも出来たのね・・・」

「こんなやり方があるなんて全然知らなかったわ・・・」

「お宅のこと知ってたらねぇ・・・」

私たちは、その原因を真剣に考え、突き止めました。

新築中の方、これからお庭を直したい方、そして、真剣にエクステリア・外構工事について考えているすべての方に知っていただきたく、一冊の本にまとめました。

不安を抱えているあなたのために、
リアルな「エクステリア専門店」の実態をご紹介しましょう。

お客様からよくこんなご質問をいただきます。

「カーポートも頼めますか?」

「物置も作ってもらえますか?」

「表札は取り扱ってますか?」

もちろん答えは全て「イエス」です。

中には、最初のエクステリア工事から1年も経っていないお客様もいらっしゃいます。「エクステリア工事店」「外構工事店」と言っても、

その守備範囲はお店によって実は様々。

「どこに外構工事を頼んだらいいのかしら・・・」

「ちゃんと期待に応えてくれるお店はどこなんだろう・・・」

そんな不安を抱えているあなたに、リアルな「エクステリア専門店」の実態をご紹介しましょう。

そもそもエクステリアって何?

ここ最近では当たり前のように「エクステリア」という言葉が使われ始めましたが、ほんの10数年前は、「エクステリア」なんて言葉を聞いたこともない方がほとんどでした。

なぜなら、それまでは家の外側に「使いやすさ」や「デザイン」を求める人なんてほとんどいなかったからです。

ブロック塀にアルミのフェンスを付ければそれでOK。

家の外回りに注意を向けるのは一部の豪邸に住む方くらいなものでした。

しかし、デザイン性の高い住宅が安価に建てられる時代になるにつれ、建物に合わせて家の外側もちゃんと作りたい、という人が徐々に増えてきました。

「ヘンな穴の空いたブロックなんて使いたくないよ」と少なくない人が思い始めてきた訳です。

そこで、住宅の「中」を指す言葉として一般的な「インテリア」という言葉の対義語として、「外」を表す総称として「エクステリア」という言葉が生まれました。

インテリアが家具や調度品、カーテンなど室内のもの全てを指すのに対して、”エクステリア”は、門や塀、カーポート、表札からポストまで、家の外側に存在するもの全てを指します。

 

最近よく見かけるようになった、ガーデンルームももちろん含まれますし、ガレージのような大型なものも「エクステリア」の一部です。

また、植木や下草などの緑も「エクステリア」です。

植木鉢やプランター、如雨露じょうろやホース、スコップなどの小物ももちろんですし、外用の水道のための水道工事、ライトアップのための電気工事も「エクステリア」に含まれます。

つまり、家の外側に存在する全てのもの(=エクステリア)を組み合わせ、デザイン性と使い勝手を両立させた外構プランを提案できる専門店のことを「エクステリア専門店」と呼ぶわけですね。

あなたが相談したいのは、「エクステリア専門店」ですか? それとも「ブロック屋さん」ですか?

相見積もりを取るお客さんに多い勘違いが、「どこのお店でも同じサービスが受けられる」というものです。

だから安いところでやったほうがいい、という考え方ですね。

A社、B社、C社、どこに依頼しても、図面が同じなら同じものが完成する、と思うわけです。

そう思うのも無理はありません。どのお店も「~エクステリア」「~外構」「~造園」と謳っていますから、違いがあるなんて思いもしないのでしょう。

ホームページを持っているお店でも、そのほとんどは「下請け工事専門店」です。

つまり、オリジナルの設計・プランニングをほとんど行わず、ハウスメーカーの用意したエクステリアプランをそのまま完成させることがメインのお店です。

当然ですが、提案力・施工力には「エクステリア専門店」とはかなりの開きがあります。デザイン性の高いプランとなると、そもそも図面通りに施工できない、図面をきちんと解読できない、ということもあり得ます。

工事の内容よりも仕事の効率とスピードを優先させて取り組んでいるお店ですから、「一番安いお店を探す」という観点では正解かもしれません。

打ち合わせや工事期間、工事後にトラブルがおきることは覚悟の上であれば・・・。

また、エクステリア専門店「風」のお店も多く存在します。

 

ブロック工事専門店、タイル工事専門店、舗装工事専門店、左官工事専門店、造園工事専門店などが、業務拡大として「エクステリア専門店」を名乗り始めた、というケースですね。

こういうお店は、言ってみれば「専門医」です。

ブロック、タイル、造園など、その分野だけに限って見てみれば経験豊富で技術も確か。

しかし、専門外の話になると、施工どころか知識さえも怪しい・・・というケースが多くあります。

いまでもたまに洋風の塀に御影石の表札が取り付けられている新築住宅を見かけますが、まさにこのケースでしょう。

「エクステリア専門店」の見分け方

インターネット上に星の数ほどあるお店の中から、本物の「エクステリア専門店」を探し出すにはどうしたらいいでしょうか?簡単な目安をご紹介します。

① 施工事例の数と質

あなたが見て、直感的に「素敵!」「カッコいい!」と思えるエクステリアの工事例がどのくらいあるか、ホームページの施工例をしっかりと見て下さい。

見た目のいいホームページはすぐに作れますが、内容の濃い施工事例はすぐには作れません。それがその会社の実力であり、あなたが受けられるサービスのレベルだと考えて間違いありません。

② お客さまからの評判。

本当は病院や歯医者さんのように「口コミランキング」みたいなものがエクステリア業界にもあれば分かりやすいのですが、残念ながらそういう便利なものはまだありません。

「このお店が本当に満足できる工事をしてくれるお店なのか」を判断する材料として、「お客様の声」があります。

工事をしたあとに、お客様の率直な感想を紙に書いてもらうものです。

いろんな業界でこういうものがありますので、目にしたことがあると思います。

「どうせ、いい感想しか載せないんでしょ?」と思われると思いますが、全くその通りです。

なので、感想が数枚しかないところは注意が必要です。

意図的に悪い感想を排除している可能性があります。

 

評判のいいお店なら、お客様からの感想が数十枚単位で掲載されているはずです。

その中身をじっくりと読んでみて下さい。

あなたがそのお店に工事を依頼したら、どういう結果になるのか、おおよそ判断できると思います。

③ 価格を全面的に押し出していないか。

「どこよりも安くします!」というお店は、裏を返せば「どこよりも安くしないと工事の依頼がないお店」とも言えます。

つまり、提案力や施工力、担当者のレベルが他のお店よりも劣っているため、価格で勝負せざるを得なくなっているわけです。

こういうお店は「下請け工事専門店」の可能性がとても高いと判断できます。

あなたの選択基準のほぼ全てが「価格」になっているなら、逆にこういうお店がお勧めです。

④ 担当者のレベル

いくつかに絞り込んだお店に、直接電話をしてみましょう。

具体的な相談をいくつかしてみて、明確で的確な、あなたの求めるような回答が返ってくるなら、レベルの高いお店だと判断できます。

逆に、無理にアポイントを取りにきたり、「とりあえず見積もりは無料なのでどうですか?」と言ってくるようなら注意が必要です。

当店にご相談にみえるお客様からよく聞くのが、「他社ではいくら話をしても、満足できる提案をしてくれなかった」という不満です。

過去にどれだけ優れた工事を多く手がけてきたとしても、最終的にあなたのエクステリアの満足度を左右するのは、担当者のレベルです。

 

コミュニケーションの能力が優れている担当者なら、あなたの要望は(説明していないことであっても)ちゃんと汲み取ってカタチにしてくれるはずです。

だんだん「エクステリア」というものが分かってきたでしょうか?

ブロック塀とコンクリート敷きの駐車場だけあればいい、というのであれば話は簡単なのですが、「ずっと使うものだから、ちゃんと作りたい」という場合には、正しいプロセスで進めないとほとんどの場合うまくいかないのです。

エクステリア工事で「満足出来なかった」「失敗した」という方が非常に多いのは、そういった準備をせずに住宅会社やその下請け会社、エクステリア専門店「風」のお店の言うままに工事をしてしまうからです。

まずはこちらをご覧になって、しっかりとした準備を整えてから、エクステリアの計画を始めて下さい。

劇的!ビフォーアフター

「隣家や通行人と視線が合わないようにプライベートな空間が欲しい。」

「ガーデニングや家庭菜園をしたい」

「草むしりのいらないお庭が欲しい」リフォームには、様々なお悩みご要望があります。

癒樹工房のエクステリアは、根本的な「敷地全体の使い方」を考えご提案するため、ここまで変わります!驚きのビフォーアフターをご覧下さい。

After

和室の前は「和」の雰囲気を取り入れ、和・洋・アジアンが見事に融合した美しいお庭に

野國様邸

最新施工例&オススメ工事例をご紹介

癒樹工房のエクステリア&外構(外溝)工事やガーデニングってどんな感じ? 癒樹工房は、数多くの工事を手掛け、多くのお客様より喜びの声を頂いております。

まずはこちらの新築・リフォームのエクステリア&外構(外溝)工事をご覧ください。

数多くの工事と
喜びの声

すべてを見るにはこちらからどうぞ。